MENU

低用量ピルは私には欠かせないもの

 

低用量ピルとは正式には『低用量経口避妊薬』、略して『OC』というものです。日本において低用量ピルは、1999年に認可を受けています。その名のとおり、本来のはたらきとしては避妊の効果があるものです。

 

それだけでなく、月経困難症や月経前症候群の症状がひどいときには、そのつらさをやわらげるものとなっています。さらには、子宮内膜症の治療をするうえでも効果的なものであるとされています。

 

そのほかに、長い期間にわたって服用を続けていることによっては卵巣がん、子宮体がんといった、がんが発症するリスクが低減されるということも研究によって明らかになっています。

 

私にとっては低用量ピルはかかせません。きちんと避妊対策をするために効果的な方法だからです。はじめて低用量ピルを使用した時は病院で処方してもらいました。

 

私はどちらかというと几帳面な性格と友人から言われています。自分で感じるのは几帳面というより、他人の何気ないひと言が気になってしまうということ。その場では笑顔で気にしないそぶりを見せているのですが、ひとりになると気になってなんだかストレスがたまってしまいます。

 

そんなストレスが影響があるのかもしれませんが、生理不順になることも度々あります。そんな時はもしかして妊娠したかもと妊娠検査薬を使ってしまいます。今までは全て生理不順でした。

 

このようなことを気にしてしまうのも几帳面な性格が原因かもしれません。低用量ピルを使い始めたのはこのようなストレスを軽減するためでした。なるべく気になることを少なくするのが私にとってのストレスの解消法なのです。

 

低用量ピルを使用してからは「もしかして妊娠かも」と心配する必要がなくなりました。それどころか生理不順がなくなってきたのです。さらに生理の時のつらさも少なくなりました。

 

低用量ピルが症状を和らげてくれたのだと考えていますが、ストレスがなくなったのも私にとってはいい影響だったのかもしれません。ストレスっていろいろ心身に悪影響を及ぼすようですから。

 

このようなこともあって、今では低用量ピルが欠かせないものとなっています。

 

忙しいときに便利な低用量ピルの個人輸入代行ショップ

 

 

低用量ピルの効果がわかってくると私にとってはかかせないものになったのですが、ここでひとつ問題がありました。仕事や家事などで忙しいときに低用量ピルを処方してもらうためだけで産婦人科を受診するのが大変なときがあるからです。

 

体調が悪いときなどは頼りになる病院ですが、いつもの通り低用量ピルを飲むだけなら、わざわざ受診することもないなんて考えるようになりました。こんなときに知ったのが低用量ピルを個人輸入代行で購入できるということでした。

 

私が服用している低用量ピルはトリキュラーなのですが、個人輸入代行ショップでは価格も病院より安かったのです。それで個人輸入代行ショップで低用量ピルを購入することにしました。

 

個人輸入代行ショップはネットの通販ショップと同じでネット上の所定のフォームに記入するだけです。届くのには10日前後かかりますが、注文すれば自宅に届けてくれるので便利です。また、送料も無料で、まとめ買いもできるので便利です。

 

価格が安く便利で薬代も時間も節約できます。それで、今では個人輸入代行ショップのリピーターになっています。

 

 

それでも、はじめて低用量ピルを購入するときは不安でした。「きちんと届かなかったらどうしよう」「どんなふうに梱包されてくるのかなぁ」「中身が分かったら嫌だなぁ」色々考えて、不安な気持ちもありました。でも、一度届くと要領を得たものでその不安もなくなりました。

 

今では低用量ピルだけでなく、他の医薬品も時々購入しています。シミ取りに使うハイドロキノンのクリームや水虫用のラミシールクリームなども薬局で購入するより安く助かっています。水虫のラミシールクリームは薬局で買うのはちょっと気が引けますから。

 

そして、なんといっても個人輸入代行ショップでは価格が安く薬代が節約できるところが気に入っています。

 

 

低用量ピルとはどんなものなの

 

低用量ピルは、もともと避妊のために開発されたものですが、現在では、月経痛を楽にし、月経を順調にし、体調とメンタル面を安定させ、お肌をきれいにする便利なツールとして活用されています。

 

低用量ピルには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつの女性ホルモンが、最初からバランスよく含まれています。

 

低用量とは、「ホルモン量がとても少ない」という意味で、飲みやすく、安全性も確立されているので、特別な大きな病気(心筋梗塞や血栓症など)がなければ、誰でも安心して飲める薬です。

 

1日1錠ずつピルを飲み続けることによって、体のなかの女性ホルモンのバランスが徐々に安定していきます。

 

ピルを飲んでいる間は、排卵はお休みしており、女性ホルモンの大きな変動もなくなるので、安定した体調ですごせるようになります。

 

低用量ピルの飲み方

 

3週間ピルをのみ、1週間はピルをお休みします。

 

ただ、お休みと言っても、再開した時に飲み忘れがないように、お休みの間はプラゼボという、偽の薬を飲むようにセットされているピルもあります。

 

ピルをお休みしている間は血液中のホルモン濃度は下がり、それにともなって子宮内にためられていた子宮内膜がはがれ、静かに排出されます。

 

そして月経のような出血が起こります。これはふだんの月経よりも量も少なく、痛みもとても少なくなります。

 

ピルをのむ期間を3週間ではなく2週間、あるいは4週間にして、その後プラセボに入ることもできます。 そうすることにより、旅行や出張などの予定とあたるときには、自分で月経をずらすなど、月経調節も可能になります。

 

低用量ピル効果(避妊に関して)

低用量ピルはエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンを含んでいます。

 

ピルを服用すると、それらのホルモンの働きにより脳下垂体は「妊娠した」と感知します。この結果、排卵を促す際に必須である黄体化ホルモン(LH)の分泌が抑制されます。卵巣は排卵する必要が無くなり、休眠した状態になります。

 

ピルの服用を中止すれば、脳下垂体は「妊娠状態が終了した」と、感知し、再び卵巣を刺激して排卵を促します。

 

毎日一回服用することにより排卵を抑制し、子宮内膜の増殖も抑えます。低用量ピルには、コンドームよりも高い避妊効果があります。

 

正しく服用すれば、ほぼ100%確実に避妊できます。低用量ピルは最も確実で安全性が高く、望まない妊娠を防ぎます。

 

低用量ピルの効果(避妊以外に関して)

 

低用量ピルは、もともと避妊のために開発されたものですが、現在では、月経痛を楽にし、月経を順調にし、体調とメンタル面を安定させるなどの効果もあります。

 

生理痛や生理不順の改善

 

ホルモンバランスの調整し、生理痛の軽減、生理不順の改善をします。

 

美肌効果

 

低用量ピルに含まれるエストラジオール(女性ホルモン)によってヒアルロン酸が増加し、お肌に潤いを与えます。

 

また、ホルモンバランスを整えることにより大人ニキビを防ぐことができます。

 

多毛症の改善

 

ピルの中でも男性ホルモン作用を含まない種類を服用することで体毛などが薄くなるといった効果もあります。

 

月経に関する効果

 

月経周期が規則的になり調節が可能になる。

 

月経痛や生理前にありがちなイライラ、ゆううつ。

 

体や頭がだるい、重いなど月経前になると起こる症状はPMS(月経前症候群)の緩和。 月経量の減少と貧血の改善にも効果があります。

 

排卵の制御し良性疾患、悪性腫瘍の防止する

 

排卵通の軽減や卵巣ガン、子宮体ガンの減少。

 

子宮内膜症の減少と軽減、卵巣のう腫の減少や良性乳房疾患を減少させる働きがあります。

 

その他に、骨盤内感染症の低下、更年期障害を経験しないで済むことや性交のスムーズ性、膣炎の予防と治療にも効果をあらわします。

 

低用量ピルの購入方法

 

低用量ピルは病院で購入する方法と通販(個人輸入代行)で購入する方法があります。はじめにそれぞれの購入方法のメリット・デメリットをお話しします。

 

病院で購入するメリット

 

主に産婦人科で処方されます。小児科や内科、皮膚科。精神科でも治療に応用されているので問い合わせてみるのもいいでしょう。

 

病院で購入する場合、病院で受診を受けているので説明もしっかり聞けますし、安心して薬を服用することができます。

 

低用量ピルを処方するのに必要なのは問診と血圧測定だけです。

 

病院で購入するデメリット

 

病院での低用量ピルの処方は薬価代の他に初診料や検査費用がかかります。自費診療なので、保険が適用しません。

 

そのため、病院によって差が出ます。
初診料に1,000円~3,000円程度
検査に5,000円程度
薬価代に1シート28日分2,000円~3,000円程度
合計で10,000円ほどが一般的な価格です。

 

また、病院に通院することで、他人に事情を知られてしまうなどプライバシーの面でも気になる人によってはリスキーです。

 

通販(個人輸入代行)で購入するメリット

 

日本で売られている低用量ピルと全く同じ内容の薬品(ジェネリック医薬品)を扱っている個人輸入代行の場合、とにかく費用を抑えることができます。

 

個人輸入代行なら薬品を購入するのに医師の処方箋がいらないので、診察料も検査費もかからないので、かかるのは薬価代のみです。

 

しかも、海外からの輸入品の場合、コストのかからない国が原産国であることが多く、薬価代自体もかなり安いです。

 

1シート28日分で病院でかかる薬価代の半分、又は半分以下の値段で購入できます。 もちろん診療費などもかからないので、病院でかかる10分の1の費用で治療することができます。

 

通販(個人輸入代行)で購入するデメリット

 

デメリットとしては、病院のように診察を受けておらず、薬の服用も自己責任となるので、購入や服用には注意を払わなければなりません。

 

個人輸入の場合、商品の返品交換ができない他、クーリングオフモできないというルール―もあり、悪質な詐欺業者も存在します。

 

もしも、偽物の薬によって健康被害が起こっても、日本の保証は一切受けられず泣き寝入りになってしまうのが実情です。

 

また、商品の到着までに1~2週間かかるので、服用に間があかないように、あらかじめストックを購入しておく必要があります。

 

病院と個人輸入代行ではどちらがお得なの?

 

低用量ピルの購入はふたつの方法があります。それでは、どちらを選択するとよいのででしょうか。
使い慣れている方にとっては個人輸入がお得です。

 

もともと病院で診察しており、処方箋も貰い薬を服用している場合、同じように薬の服用続けます。低用量ピルは決まった日に飲み忘れると効果もでないので、忘れずに服用することが大切になります。

 

しかし、薬だけ手に入れば治療を続けることができます。 そうなると低用量ピルの常連さんという感じです。

 

ピルの服用に慣れていれば、飲む周期を自分でコントロールでき、飲み忘れの心配もなくなります。

 

そして、病院で処方されたものと同成分の医薬品を安く個人輸入代行で購入することで、治療を続けるための費用をかなり削減することができるのです。

 

 

はじめての方には病院が安心です。

 

低用量ピルは体内のホルモンバランスを調整する目的の治療なので、最初は慎重に、きちんと医師から処方箋を受けて服用するのが良いでしょう。

 

低用量ピルには服用する錠剤のホルモン配合量によって「1相性」「2・3相性(段階型)」にも分けられます。

 

1相性は21錠すべてが同じホルモン配合比であるために、飲み間違いがありませんが、段階型のピルなどは服用する順序が決まっており、指示通りに服用しなければなりません。

 

順番を誤って服用すると、破綻出血などの不正性器出血が起こったり、避妊効果そのものにも影響が出るので注意が必要です。

 

また、周期を延長させるような時には、1相性ピルは7日間の休薬期間を取らずに続けて次の周期分のピルを服用するのですが、段階型ピルの場合には周期の調節性には必ずしも適していません。

 

低用量ピルの用途によっても、薬剤の向き不向きが出てきます。 ですので、初めは医師からの処方で低用量ピルを使用したほうが安全です。

 

また、服用に適さないケースや注意が必要なケースもあります。

 

服用に適さないケース

 

乳がん、子宮がん、血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、前兆をともなう片頭痛、重い高血圧症、脂質代謝異常、重い肝臓病、長期間安静状態(手術前4週以内、術後2週以内、産後4週以内)、35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人、妊娠中、授乳中、骨成長が終了していない可能性がある人など。

 

注意が必要なケース

 

子宮筋腫、乳がん既往・家族歴、乳房結節、40歳以上、タバコを吸う人、肥満、高血圧、心臓病、肝臓病、腎臓病のある人など。

 

きちんと自分の体の状態を把握し、ピルを服用する周期など医師に診断してもらった上で飲み始めれば身体的にも精神的にも安全、安心です。

 

いつ、どういう風に飲むのがベストなのか・・・と心配しながら服用することでストレスになり、逆にホルモンバランスが崩れるなんてこともあり得ます。

 

低用量ピルを安心して服用するためにも、初めての場合は病院を受診しましょう。