MENU

マーベロン28の注意

 

マーベロン28の服用に関して注意したいことがいくつかあります。
まず、タバコを吸う人は禁煙をしてからマーベロン28の服用を開始すること。

 

タバコを吸っていると血栓ができやすくなり、喫煙者がマーベロン28のような低用量ピルを服用してしまうと、さらに血栓症にかかるリスクが高くなってしまいます。
タバコを吸っているのにマーベロン28を服用してしまうと、心血管障害や脳血管障害になるリスクも高くなります。
タバコを吸っていなくても、血栓症になりやすい家系の人は事前に医師に相談する必要がある点にも注意が必要です。

 

1日飲み忘れただけであれば、その日に2錠飲むことで避妊効果が得られますが、2日以上飲み忘れたときには避妊効果が弱くなります。
そのため、2日以上の飲み忘れがあったときには飲むのを中止して、生理がくるのを待ちます。

 

併せて、性行為をするときにはコンドームを使うなど、別の方法で避妊するようにしましょう。
不正出血が起きにくいマーベロン28ですが、飲み始めて間もないときには不正出血が起きる人もいます。
気にする必要はほとんどありませんが、不正出血が続くようなときには医師に相談しましょう。

 

 

マーベロンに副作用はある?

 

避妊目的と生理痛の軽減の為に、マーベロンというピルを飲もうかなと考え中です。
最近、一番仲のいい友達がマーベロンを飲み始めたのですが、生理痛が軽減されてとても助かっていると言っていました。
それなら私も、飲みたいと思ったのですが、副作用が出る場合があるという事も聞いたのでちょっと心配かな。。。
妊娠している感じの状態になるみたいで、つわりのような吐き気や気持ち悪さ、食欲が出て太りやすいなどの症状があるそうです。
友達は幸いにも、副作用は何も感じていないといっていました。
副作用のことを聞くまでは、マーベロンを飲むつもりでいたのですがちょっと不安になってきちゃいました。
妊娠していないのに、つわりのような状態になるのも困るし、まだ生理痛を我慢しているほうがマシなのかな・・・。
自分で調べてみると、重度な副作用を感じる事は少ないみたいだし、副作用を感じても2~3ヶ月で体が慣れてくるから大丈夫みたいです。
もしかして、副作用がないかもしれないしマーベロンを飲んでみることにします。さっそく、病院でもらってきます。

 

 

マーベロンが人気の理由

 

全世界においてとても多くの方がピルを服用しています。
マーベロンを含め、ピルによる避妊によって望まない妊娠を回避することができたり、女性特有の症状を緩和したりと、様々な効果を得ることができるのです。

 

また、コンドームとは違って女性が主体になっての避妊ですので、やはり魅力的ですよね。
男性によってはコンドームの使用を極端に嫌がる人もいます。
しかし、その点このピルであればまず問題なく避妊を確実に行うことができるはずです。

 

さらに、ピルは副作用はありますが、低用量ピルであればそのようなリスクもかなり軽減することができます。
妊娠したくないから避妊をしたいけど、どうしても性行為における感度が低下するのは嫌だ!
そのような方にとっては、コンドームの使用の必要がないピルというのは非常に魅力的なのではないでしょうか。

 

もちろん、月経をコントロールすることができるというのも、このピルのメリットです。
月経不順というのは、排卵日の予測等においてもデメリットが大きいですので、ピルを使用して正しい方法で、そして効果的にピルを使用するようにしましょう。

 

ピルを使用すれば比較的簡単に月経不順を改善して、月経前症候群などの症状も緩和することができるようになりますよ。