MENU

マーベロン28と不妊治療

 

マーベロン28は避妊目的で使う方法が一般的なものとなっていますが、子宮内膜症や生理痛といった女性特有の症状を緩和する目的で使われることもあります。

 

そして、不妊治療でも使われています。不妊治療なのにどうしてピルを使うのか?

 

たしかに、マーベロン28のような低用量ピルを服用すると身体は妊娠したのと同じ状態になりますから、ピルの効果が持続していれば妊娠できず、不妊治療には逆効果のように見えます。

 

不妊治療でマーベロン28を使うのは、排卵を抑制して卵巣を休ませる働きがあるからなんです。
排卵を抑制することで、次の周期にやってくる排卵において、卵子の質を高めることを目的としています。
質の高い卵子ができれば、それだけ受精する確率を高くすることが可能です。

 

マーベロン28は、受精卵の着床率を高めるためにも使われており、体外受精の予定がある女性が服用するケースもあります。
ピルは避妊目的で使うものとの認識が一般的ですから、もし不妊治療でピルを処方される場合には、納得できるまで医師に説明してもらうといいですね。

 

マーベロン28を服用していると、吐き気がしたり、頭痛がするといった副作用が出る場合があります。
身体に合わないと感じたら、医師に相談しましょう。
なかには、相談しても薬の変更に応じない医師がいるようです。
医師に不信感を持ったら、病院を替えるというのもひとつの選択肢です。

 

マーベロン28の魅力を生活に波及させる


 

体内で自然に生成されるホルモンを意図的に摂取することによって、避妊を行うことができます。それが、マーベロン28なのです。

 

エストロゲンとプロゲスチンの働きによって、月経周期を両説することができますが、マーベロン28はそのどちらの成分も含まれている医薬品なのです。排卵に大きく影響するこの2つのホルモンは、意図的に摂取することによって、月経の周期を調節することができます。それが、避妊の効果をもたらすのです。

 

一相性のピルであるマーベロン28は、服用開始から間もなくして効果が表れます。あとは周期に合わせて封用を継続することによって、高い効果を期待できるのです。

 

多くの人がマーベロン28を利用している理由は、避妊の効果の高さだけでなく、快適に使い続けることができるという特徴が作用しています。安全に利用することができなれば、何度も利用したいとは思いません。その期待に応えてくれるのがマーベロン28なのです。

 

女性にとって避妊を行うということは、生活に対する心配ごとを一つ解決したことになるのです。つまり、月経や排卵に関わるリスクを元から断つことによって、生活に心配を及ばせることなく過ごすことができるのです。それが、マーベロン28の魅力となるのです。

 

 

人気のマーベロン28は管理のしやすさが魅力

 

月経のコントロールを行うことができる低用量ピルは、毎日の管理が重要です。避妊効果を持続させるには、定期的な周期を守って服用しなければなりません。ただし、毎日1錠を服用するだけで避妊効果を得ることができるのです。

 

副作用が小さいというのが特徴の低用量ピルは、体重増加の心配も少ないとされています。中・高容量ピルに比べても、安全に利用しやすい薬なのです。その中でも管理面で魅力を発揮しているのがマーベロン28です。

 

28日を周期として月経をコントロールすることができるマーベロン28は、飲み忘れが少ないという特徴があります。偽薬の期間が1週間存在しますが、管理面でのリスクを排除するための措置なのです。21日周期の医薬品は、1週間のインターバルを挟んで次の周期に移行します。その際に狂いが生じ、避妊効果を下げてしまうことがあるのです。

 

こうしたデメリットを排除するためにも、マーベロン28は28日という周期を提案しています。薬を服用しなくても良い期間でも、偽薬を用いて毎日服用の有無を確認することによって、誰でも簡単に低用量ピルの効果を持続させることができるのです。

 

こうした管理面に長けているからこそ、マーベロン28は人気があるのです。