MENU

マーベロン28を通販で購入しています。

 

 

低用量ピルは病院で処方されている避妊薬です。

 

本当は毎回、病院で処方してもらうほうがいいのでしょうが、仕事が忙しいときはネットで注文しています。

 

ネットで通販を利用すると、病院までの移動時間や診察までの待ち時間もなく、その点も重宝しています。

 

マーベロン28を使用してからかなりになりますので、今ではマーベロン28を通販で購入するのが当たり前になっています。

 

通販で購入すると余計な手間がかからないので、とても便利です。

 

マーベロンの購入はこちら

 

マーベロン28の通販について

 

低容量ピルであるマーベロン28を日本国内で処方してもらうためには、医療機関で診察を受ける必要があります。

 

健康保険適用外の薬であることから、全額が自己負担となってしまいます。

 

個人利用の目的であれば個人輸入が法律で許されており、輸入代行業者の通販サイトを通じて製造や販売が認められている外国製品を手配すれば、マーベロン28を定価よりも割安に購入することができます。

 

日本所在の通販サイトから購入しても、発送が外国からになる場合は届け先を勤務先などの会社宛にした場合、個人の利用目的ではないと解釈されます。

 

税関で荷物が止められてしまうということもあるようですから、届け先は自宅にした方が良いでしょう。

 

マーベロン28とは

 

マーベロン28とは黄体ホルモン様、卵胞ホルモン様物質の合剤です。

 

排卵抑制効果のほかに、子宮内膜の変化による精子通過阻害作用によって妊娠を防ぐものとなっています。

 

月経の1日目からというタイミングで白色の大きな錠剤を1日に1錠、21日間にわたって服用し、そのまま続けて小さい錠剤を1日に1錠、7日間にわたって服用します。

 

ただし副作用として吐き気や不正性器出血、腹痛などが起こる可能性もありますから、もしもそういった症状が現れたという場合には、医師や薬剤師に相談する必要があります。

 

また、血栓症のリスクが高くなるというケースもまれにありますから、鋭い胸の痛みや激しい頭痛などがあった場合には、すみやかに医師の診療を受けなければなりません。

 

マーベロン28は、正しい知識を持って服用することによって、効果を最大限に発揮させることができるピルです。

 

マーベロンの購入はこちら

 

マーベロンって?

 

 

マーベロンは低用量ピルです。
体内で自然に生成されるホルモンを意図的に摂取することで、避妊効果をより高めることができるのです。
それがマーベロンです。

 

エストロゲンとプロゲスチンの働きで月経周期を調節することができますが、マーベロンは両方の成分が含まれている
医薬品なのです。
排卵に大きく影響している2つのホルモンは意図的に摂取することで月経周期を手軽に調節することができるんですよ。
それが避妊に繋がるのです。

 

一相性のピルでもあるマーベロンは服用開始から短時間で効果が出ます。
あとは周期に合わせて服用を続けることによって効果を高めることができるんですよ。

 

多くの人がマーベロンを利用する理由というのは、避妊の効果の高さだけではありません。
快適に使用し続けることができないという特徴も作用しているのです。

 

安全に利用することができないのであれば何度も利用したいとは思いませんが、マーベロンであれば安全性も高いですので、おすすめです。
女性にとって避妊を行う、というのは性生活における心配ごとを解決したことになりますので、是非試してみてはどうでしょうか。

 

コンドームなどの避妊具を使用するよりも、マーベロンであればより効率よく避妊を行うことができますので、検討してみてくださいね。

 

マーベロンの飲み方は?

 

マーベロン初めて飲む人は生理の最初の日から飲み始めるのですが、29錠目移行は新しいシートを飲むようにしなければなりません。
1日飲み忘れた時には気がついた時点で1錠飲むようにしましょう。
そしてその日飲む分を普段通りの時間に飲むようにしましょう。

 

2日以上飲み忘れてしまった場合にはそのシートに残っているマーベロンを服用するのはやめましょう。
そして次の生理が来るのを待つことになります。
生理がきたら新しいシートから再び飲み始めるようにしてくださいね。

 

飲み忘れたわけでなくても、間違って1日に2錠飲んでしまった場合には医師や薬剤師に相談をしてみるようにしましょう。
飲み方に関して多い質問としては、飲み忘れに関するものだけでなく生理予定日を変更したい、ということもありますよね。

 

飲み続けるうちに、偽薬の何日目に生理が始まるのか、ということが次第に分かってきます。
まだマーベロン飲み始めて時間がそこまで経過していない場合には生理予定日を把握する、ということがなによりも重要になります。

 

この状況において生理予定日を変更するというのは難しいものがあります。
そのため、医師に相談をしながら変更方法を決定するようにしてみましょう。

 

マーベロン28の飲み方

 

マーベロン28の飲み方については、月経が始まった日から白色の大きな錠剤を毎日1回、1錠ずつ同じ時刻に服用していきます。

 

これを21日間にわたって、続けていきます。

 

21日が経過した後は、今度は小さい錠剤をまた同じように毎日1回、1錠ずつを7日にわたって服用します。

 

これで、合わせて28日にわたって服用するということになります。

 

その次の日からは、月経が始まっているかどうかは関係なく、はじめのサイクルと同じように白色の大きな錠剤の服用を開始します。

 

まったく同じように続けて、避妊したい期間のうちは服用を繰り返していくことになります。

 

1回のサイクルが28日間であるということから、『マーべロン28』と呼ばれているところもあります。

 

マーベロン28を飲み忘れたとき

 

マーベロン28をもしも飲み忘れたというときには、対処する方法があります。

 

21日間飲み続けなければならない白色の大きな錠剤を1日だけ飲み忘れたという場合については、気がついたときにすぐに1錠を服用し、その日の分もいつもの通りに服用するようにします。

 

これが2日以上続けて白色の大きな錠剤を飲み忘れたというときには、その時点で服用することをやめて、次の月経を待って服用し直すようにします。その場合には妊娠の可能性が高くなりますから、ほかの避妊方法を選択するようにします。

 

複数日にわたって飲み忘れたからといって、多く飲み過ぎないように注意しなければなりません。

 

マーベロン28を飲み忘れたときは落ち着いて対処することによって、副作用が起こるリスクを減らしたり、効果の持続を期待したりすることもできます。

 

 

マーベロン28に副作用がある?

 

低容量ピルの重大な副作用としては、血管の中で血液が固まってしまって血液が流れなくなる血栓症などの可能性があります。

 

他のホルモン併用型の避妊ピルよりも、マーベロン28は血栓症になる可能性が低いことが分かっていますが、その可能性が全く無いわけではありません。

 

このような副作用が見られた場合は服用を中止して、医師に相談してください。

 

一般的な副作用としては頭痛、吐き気、不正出血、乳房の張り、体重の増加などがあります。

 

低用量ピルであるマーベロン28は基本的に副作用が軽度であり、服用を継続していくにつれて低減されていきますが、症状が重い場合は医師に相談した方が良いでしょう。

 

マーベロンと低用量ピルについて

 

低用量ピルというのはどのような副作用があるのでしょうか。
子宮内膜症の第1選択薬ともいえる低用量ピル療法ですが、低用量ピルというのは避妊用ピルとしてもともとは作られました。

 

しかし、この低用量ピルは避妊以外にも効果があることがわかりました。
低用量ピルが子宮内膜症における治療薬として使用できることがわかったのです。

 

低用量ピルは、非常に少量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されている薬剤です。
ごく少量の女性ホルモンが、脳下垂体に作用することによって性腺刺激ホルモンの分泌を抑えることができ、結果的に排卵を抑えることができるのです。

 

子宮内膜症の治療における偽閉経療法というのは投与制限があるのですが、低用量ピル療法は投与制限は一切ありません。
低用量ピルによって妊娠している時と同じ状態にできますので、偽妊娠療法と呼ばれることもあります。

 

低用量ピルとはいっても、副作用はやはりあります。
飲み始めには不正出血が起こりやすいですし、吐き気や頭痛、乳房の張りなどを感じることもあります。

 

このように、マーベロンを使用して避妊を行うのでれば、ある程度は副作用の覚悟をしておくようにしなければなりませんよ。
そのことを是非覚えておいてくださいね。

 

マーベロンと体重の増加

 

ピルを服用すると太ってしまう。
そのような話しを聞いたことのある方も多いと思います。

 

しかし、実はこの考え方というのは大きな間違いです。
どのタイプの低用量ピルを服用したとしても、服用することで体重が増加した、というような効果は未だにはっきりとはわかっていません。

 

しかし、それでもピルを服用している人の中には実際に太ってしまった、という人もいるのです。
低用量ピルの服用と、太ることの関係性というのは一体どこにあるのでしょうか。

 

生理の前になると、どうしても体調が悪くなってしまいイライラしてしまったり、食事が取れなくなることもあります。
しかし、ピルの服用によってイライラして食事をとることができなくなることもあります。

 

また、低用量ピルの中には気分を前向きにしてくれる作用もあります。
そのため、食欲が出たり、普段よりも多めに前向きに明るくしてくれる、という作用があるのです。
これが結果的にマーベロンのような低用量ピルの服用による体重増加に繋がることもあるのです。

 

また、マーベロンの服用によって副作用を起こすこともあります。
それぞれ個人差のあるむくみなのですが、低用量ピルを飲み始めた直後には身体がピルに慣れていないためにむくんでしまいます。

 

そのため、体重が増加したと勘違いしてしまう方も多いようです。

 

マーベロンを飲むメリット

 

 

マーベロンを飲むメリットというのはどのようなものがあるのでしょうか。
マーベロンには避妊効果だけでなく生理予定日を変更する、生理が軽くなる、経血量が減少するといった効果があります。

 

マーベロンは、子宮内膜の増殖を抑えるという働きがありますので、生理痛や経血量が多いといったトラブルを抑えることができるのです。
また、マーベロンは飲む日数を調整することによって、生理予定日をずらすことができるのです。

 

生理予定日を早くしたり遅くしたい時には、生理開始日がずれることになりますのでその点を十分に踏まえたうえで生理をずらすようにしましょう。
生理予定日を遅くしたい時、つまりはピルを飲む日数が長くなる時というのは別のピルを服用するようにしなければなりません。

 

どうしても生理と重なってほしくない場合には避妊効果を弱くすることがないように医師に相談をしてみるようにしましょうね。
生理を早める方法よりも遅らせる方法を選択した方がリスクは少なくなります。
遅らせる時には中用量ピルを使用して、遅らせたい日まで中容量ピルを服用するようにしましょうね。

 

そうすれば、より効率よく低用量ピルによる効果を高めることができますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

マーベロンってなんなの?

 

マーベロンは、第三世代低用量ピルと呼ばれています。
その名の通り、ピルとして常用している方も非常に多いです。

 

マーベロンは、錠剤で飲みやすいホルモン治療薬になります。
そのため、飲み合わせにも注意が必要になります。
飲み忘れがある場合には効果も半減してしまいますので、注意しておくようにしなければなりません。

 

マーベロンは、女性のホルモン治療薬としてもよく知られているのですが、副作用がありますので医師の指示のもとで使用することが非常に重要になります。
特に、個人輸入で購入するような場合には医師の相談などなくマーベロンを使用してしまいがちです。
しかし、マーベロンを使用することによる副作用もありますので、場合によっては強烈な副作用に襲われることもあります。

 

そのため、医師に相談をしてから服用をするように心がけてくださいね。
このマーベロンの副作用として最も多いのは吐き気、嘔吐になります。

 

服用者全員にこの症状が出ていることはないのですが、最初のサイクル目の使用時において症状が出やすくなります。
そのため、これからマーベロンを使用するのであれば、そのことを十分に理解しておくようにしましょう。

 

マーベロンと低用量ピルについて

 

マーベロンは低用量のピルになります。
経口避妊薬のピルとして使用されている他には、ニキビの原因となっている黄体ホルモンを抑制する働きがあります。
そのため、ニキビ治療薬としてもよく知られていますね。

 

ピルに含まれているアンドロゲンというのは男性ホルモンですので、ニキビを悪化させる可能性もゼロではありません。
マーベロンにはアンドロゲンの含有量はまだまだ少ないようです。

 

それでも個人差はありますので、効果を少しずつ把握しながら服用するようにしましょう。
その他にも吐き気や頭痛などといった副作用がある方もいますので、使用法によっては血栓症などといった重大な副作用を引き起こすこともありますので十分に注意をしておくようにしましょう。

 

マーベロンは一般のお店では購入することができません。
輸入業者や通販において簡単に購入することができるのですが、自己判断で購入するのは極力避けるようにしましょう。
皮膚科医から処方をしてもらうようにしてください。

 

正しく服用することができれば、優れた効果を期待することができますし、安心して使用することができる治療薬になります。
そうすればより効果的にマーベロンの効果を得ることができますよ。

 

マーベロンの避妊効果の高さ

 

低用量ピルを正しく服用することによって、99.9%という非常に高い確立によって避妊を行うことができます。
この高い避妊率というのはどうして実現できるのでしょうか。

 

まず、妊娠する仕組みを考えてみましょう。
膣内で射精された精子というのは卵巣から排卵された卵子と子宮内において結びつくことによって受精卵となります。

 

子宮内で受精することで受精卵となって、子宮内膜に潜り込んで妊娠、という状態になります。
そして低用量ピルというのは妊娠中には排卵は一切起こらない、という仕組みを利用したものです。

 

マーベロンは排卵を止める、という作用もあります。
ピルを服用することによって女性ホルモンでもあるエストロゲンとプロゲストロンとが体内の血液の中に供給されていきます。

 

これによって脳の下垂体が体内のホルモンは十分に足りている、と認識します。
そして、ホルモンの分泌の必要がないと判断して卵巣の働きを著しく低下させます。
そして休眠状態になるのです。

 

つまり、マーベロンを使用することで妊娠中と同じ状態になり、避妊効果を得ることができるんですよ。
コンドームなどの避妊具だけを使用しているよりも同時に低用量ピルなどを使用する、というのがやはり理想的ですよ。

 

 

マーベロンとPMS

 

ピルというのは生理前におけるPMSを緩和することができる薬剤とされています。
PMSというのは月経前症候群のことを言うのですが、生理前1週間頃に現れる症状のことです。

 

PMSの症状というのは主に身体の不調、心の不調とに分類することができるのですが、個人差が非常に大きくて、症状の現れ方や症状の程度というのは人によってそれぞれ異なります。

 

体に現れる症状というのは頭痛、めまい、胸の痛みや腰痛、そしてお肌トラブルやむくみなど様々なものがあります。
また、心に現れる症状もあります。
イライラしたり、怒りっぽくなったり、無気力になる、攻撃的になるといった状態になります。

 

このような生理前症状PMSによって仕事、人間関係などにおいて支障をきたしてしまう方もいるのです。
PMSの原因となっているのは様々なことが考えられるのですが、女性ホルモンのバランスが変化することです。

 

この女性ホルモンといのが卵胞ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンというホルモンです。
このホルモンのバランスをピルによって整えることによってPMSの症状を解消することができます。
マーベロンを含め、ピルを上手に使用することで、PMSの悩みを解消してはどうでしょうか。

 

マーベロンの避妊効果を服用初日から得るには?

 

マーベロンを飲むことで、約99パーセントの確率で、避妊することが可能だそうですね。個人的には、流石にそれは言い過ぎでは、とインターネットの謳い文句を見て疑わしく思ったのですが、実際の臨床データでそういった数字が出ているのだとか。99パーセントって、ほぼ100パーセントと思って良い数字ですよね。それなら、性交渉の度に相手方にコンドームをしてもらうよりも、ずっと確実かつ気楽で良いと思います。

 

そこで、最近は真面目にマーベロンの服用を考えているのですが、実際のところ、そうした避妊効果は服用していつぐらいから期待できるのでしょうか?調べたところ、どうも服用する時期と大きく関わっているみたいなんです。詳しく言うと、生理初日に飲んだ場合はその日の内から、それ以外の日に飲んだ場合は服用7日後から、避妊効果があるのだとか。となると、生理初日に飲めた場合とそれ以外の場合とで、大分違ってくるんですね。

 

個人的には、服用初日から避妊効果が得られるなら、それに越したことは無いので、マーベロンを処方してもらうために産婦人科に行くのは、次の生理までまだ余裕がある時期にします。なので、今の内に近所の産婦人科を探しておこうと思います。

 

もしマーベロンを飲むのを忘れてしまった場合

 

低用量ピルは、毎日同じ時間に飲んで、体内のホルモン濃度を一定にして妊娠を回避します。そのため、飲み忘れには厳重な注意が必要ですが、万が一マーベロンを飲むのを忘れてしまった場合には、次のように対処してください。
飲み忘れが1日なら、気づいた時点で1錠服用し、その日の分も飲みます。気づいたのが12時間以内なら避妊効果に影響はありませんが、12時間を超え24時間以内なら、念のために2週間ほどは他の避妊方法と併用すると安心です。2日以上続けて飲むのを忘れた場合には、避妊効果は期待できなくなるので、服用をいったn中止します。次の生理を待って、生理が来たら生理開始日から次のシートを飲み始めると、避妊効果が戻ります。マーベロンの服用を止めてから再開するまでは、妊娠の可能性があるため、他の避妊法を行ってください。
28錠タイプのマーベロン28を服用している場合、最後の7錠はプラセボ錠で成分は含まれていません。このため、プラセボ錠は飲み忘れても問題ありません。間違いのないように、飲まなかった分は廃棄しておきましょう。
マーベロンは1相性ピルで、実薬のホルモン含有量は一定です。飲み間違う心配はありませんが、飲むのを忘れると避妊効果を得られませんので、注意しましょう。

 

マーベロンの1シートの構成について

 

低用量ピルのマーベロンには、1シートが21錠で構成されているものと、28錠で構成されているものの2種類があります。
もし、21錠で構成されているマーベロンを手に入れたのであれば、1日1回1錠ずつ服用して、21日目の服用が終了した後に7日間の休薬期間に入ります。そして、休薬期間の終了日がきたとき、引き続き避妊をしたいのであれば、翌日から新しいものを取り出して服用を始めます。
これに対して、28錠で構成されているマーベロンを手に入れた場合は、1日1錠ずつ服用するのは21錠入りのものと一緒ですが、こちらの場合は1シート分の錠剤をすべて飲み切る必要があります。追加されている7錠は偽薬となっており、有効成分は含まれておらず、飲み忘れたからといって身体に悪影響が出ることはありません。なぜ偽薬が用意されているのかというと、それはピルの飲み忘れが不安な人に対する配慮で、休薬期間の分の錠剤を追加することで、飲み忘れを意識すること無く避妊を続けることができます。
また、マーベロンではどちらのタイプにもシートに数字が記載されており、「1」と書かれているところから数字の順番に服用していくことで、正しく飲み終えることができる仕組みになっています。ピルは正しい方法で服用しなければ十分な避妊効果が得られないため、製薬メーカー側も使用者に正しく服用してもらえるように工夫をしています。

 

アメリカでマーベロンを入手する方法

 

マーベロンとは経口避妊薬として利用されている低用量ピルの1つで、上手に利用すれば完全に避妊することができる優れものです。日本でも販売されていますが、アメリカでも広く愛用されています。
そんな経口避妊薬として定着しているマーベロンですが、アメリカでの入手方法はどのようなものなのでしょうか。日本と違いはあるのでしょうか。結論から先に言うと、アメリカでもマーベロンを入手する時には、医師の処方箋が必要となります。ただし、あちらでは医療保険の適用がありませんので、価格的には大変高価なものになるのではないでしょうか。例えば、日本から旅行などであちらへ行き、現地のクリニックを受診して処方箋をもらい、マーベロンを購入するというのは、あまり現実的な話ではないでしょう。それよりも日本でいつも診てもらっている婦人科等を受診して、処方箋を書いてもらい、マーベロンを購入した方が、返って手軽でリーズナブルに手に入れることができるのではないでしょうか。
やはり、低用量と言っても、ピルはデリケートな女性の身体に影響を与える可能性のある、微妙なお薬です。きちんと医師に診察してもらってから処方してもらう、というのが万国共通のお約束、と言えるでしょう。

 

マーベロンには合う・合わないがある

 

避妊効果だけでなく、生理前に起こる肌荒れや情緒不安など、生理前症候群と呼ばれる症状の緩和のために婦人科などで処方される低用量ピルの代表的な物の1つがマーベロンです。低用量ピルなので、中用量ピルと比べると副作用が出難いですが、マーベロンを服用しはじめてすぐの頃には、吐き気や胸の張りなどの副作用も出てしまう場合があります。服用開始から2ヶ月程度で副作用が治まる場合もありますが、強く副作用が出るあまりに日常生活に支障が出てしまう場合には、マーベロンが合わない可能性があります。我慢ができない程の強い副作用が出てしまった時には、処方された医療機関に相談する必要があります。勝手に服用を中止してしまうと、不正出血などの新たな不快な症状が出てしまう場合があるからです。低用量ピルの服用を続けたい場合には、他のマーベロン以外の低用量ピルを試す事も可能です。合わない低用量ピルを服用し続ける事により、ストレスを感じたり、体調を悪化させるのならば、治療の意味が無くなってしまいます。副作用が強く出てしまった場合には、受診した医療機関に相談して、服用を継続して様子を見るか、他の低用量ピルを試してみるかを考えなければなりません。